カテゴリ "初心者向き":165件
並び替え: 投稿順新着順|更新順

「 初心者向き 」一覧

NO IMAGE

当中国武術教室設立20周年 祝 記念 皆様の良いご縁に感謝を込めて、ただ今期間限定で入会無料キャ…

日本で唯一の中国武術最高峰・馬賢達老師公認のもとで東京、埼玉、神奈川、茨城、広島などで八極拳、劈掛拳、翻子拳などを指導しています。 初歩から原理から無駄なく練習して頂くために初級班の人数受付枠を限定制とします。 日本で唯一の中国最高段位9段・馬賢達老師公認師範が嘘偽りなく明確に示します!まずは体験から体感してみてください。

NO IMAGE

急告!間もなくスタート!人数限定!今年から中国武術(カンフー)を練習してみたい方への緊急なお知ら…

日本で唯一の中国武術最高峰・馬賢達老師公認のもとで東京、埼玉、神奈川、茨城、広島などで八極拳、劈掛拳、翻子拳などを指導しています。 初歩から原理から無駄なく練習して頂くために初級班の人数受付枠を限定制とします。 日本で唯一の中国最高段位9段・馬賢達老師公認師範が嘘偽りなく明確に示します!まずは体験から体感してみてください。

NO IMAGE

少年少女・親子・女性・壮年向け合気道 円和会横浜関内(中区)(関内駅徒歩5分・伊勢佐木長者町徒歩…

横浜市の中区関内を中心に活動する少年少女・親子・女性・壮年向けの合気道 円和会です。円和会では体力のない方や少年少女向けに無理なく合気道の技を指導しております。 私たちは単純に合気道の技術だけを伝えるのでは有りません。 女性や壮年の方には、合気道を通じて日々の活力を得てもらう事、子どもたちには好奇心に溢れて色々と挑戦できる心を育てる事をモットーにしています。 合気道の柔らかい「円」の動きと「和合」の心、日本の伝統武道である合気道を通じて、自然と健やかな心身を育む事が出来る、そういった事を大切にしております。

NO IMAGE

ジェイスGYM・詠春拳【神奈川・武蔵小杉・新丸子】…

流派は同じでも、それぞれの考えや教え方は全く異なります。ジェイスジムでは早く実戦で使えるようになることを重視しています。相手が素手であるか武器を持っているかまた攻撃が一人であるのか複数であるのか等、様々な攻撃パターンに対処する方法を学びます

NO IMAGE

横浜の港北区綱島で活動する合気道倶楽部(綱島駅徒歩4分)初心者歓迎!…

横浜市の港北区綱島駅周辺で活動する合気道の倶楽部です。日本武道を習い心身を鍛え日々をアクティブに過ごしましょう!基礎から丁寧に行います。合気道は柔らかい円運動を主体とする日本伝統武道です。日々を生き生きと!合気道で心身を鍛えましょう。見学随時、未経験者も大歓迎です!。

SSKCキッズ

SSKCキッズ

SSKCキッズは親子で学べる新宿区のこども空手道教室です。地域のお子様が空手道を通じて礼儀作法や集中力を身に付け、体を丈夫に元気良く成長される事を目指しております!

SSKC文京

SSKC文京

SSKC文京は子供から社会人までクラス別に通える文京区の空手道スクールです。会員個人のライフスタイルを尊重し、低コストかつ自由度の高いシステムで運営を行っております。

総合武道研究会 玄武舘・柏道場

総合武道研究会 玄武舘・柏道場

現役選手も指導を請う、散打世界チャンピオンの岡部武央が、アウターではなくインナーマッスル、加速度ではなく等速度、末端ではなく体幹主導というガンプ―メソッドに基づき、実戦に使える太極拳・身体操作・応用等を指導。拳禅一如、武医同術、医食同源をコンセプトに、同一の原理原則に基づいて、ストレッチ、氣功、九十九式太極拳、深井式丹田メソッド、ヨーガ、プライベートレッスン、合気柔術 逆手道、護身術、瞑想、自己整体、食養法、各種競技・芸事への応用、易筋経、嫡流真伝中国正派拳法、和唐琉空手道、中国散打、琉球古武術を指導しております。

白猿通背拳教室

白猿通背拳教室

日本白猿通背拳研究会では、伝統的な中国武術 白猿通背拳(北京牛街 張貴増 伝)と祁氏通背拳(瀋陽 鄭剣鋒 伝)を伝承し、専門的に指導しています。

NO IMAGE

中高年からでも気軽に始められる護身術・脳トレ・全身運動健康法としての武術瞑想(站椿/立禅etc.…

基本養体&瞑想(站椿/立禅、推手etc.)や、武術操体(ミットトレーニング、ペア演習etc.)など、武術・武道・護身術に題材を借りた、中高年からでも始められる練習メニューを通して、老化防止が目的の方から、自由組手ができるようになりたい方まで、幅広くお楽しみいただけます。

NO IMAGE

古武道/古武術/忍術 開成道場

東京都港区で古武術、忍術を稽古している道場です。 手裏剣術や苦無術など忍術独特の武器も稽古しています。 稽古内容は体術から始まり、多彩な武器術まで及びますが最終的にはそれらを自由自在に使いこなすことです。

スポンサーリンク