中国武術 拳功房/山田英司/日暮里/BUDO-STATION(ブドーステーション )

団体名 BUDO-STATION(ブドーステーション)中国武術 拳功房
練習日時 毎週日曜日10:30〜16:00
練習場所 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2-8-4 山本ビル2F
電話 03-6806-6902

JR山手線/JR京浜東北線/JR常磐線 日暮里駅 北改札口東口 徒歩7分
京成本線 北改札口 徒歩7分
日暮里・舎人ライナー 舎人ライナー改札口 徒歩7分
必要なもの ・入会金(すべてのクラスに共通) 10000円
・月会費  6000円
・入会時は印鑑を持参
・動きやすい服装(シューズは不要)
連絡先 体験のお申し込み・お問い合わせは、電話かお問合せフォームで受け付けております。
▼電話 
03-6806-6902

「松田隆智師直伝の八極拳」

松田隆智師の拝師弟子であり、日本で最初の中国武術サークルである早大中国武術功夫会の初代主将であった山田英司先生が、松田隆智師から学んだ初期の劉雲樵師伝承の八極拳を中心に、陳家太極拳、楊家太極拳、八極拳、形意拳、劈掛掌、秘門螳螂拳、八歩螳螂拳、六合螳螂拳、各種武術、対練、気功法の他、独自の武術理論を適用した画期的な練習法で古伝の武術の極意に迫ります。
n:1ルールを始めとする他にはない練習法で、誰もが武術の奥深さと楽しさを体験できます。

お問い合わせはこちら

山田英司(やまだ・えいじ)

1955年、東京都生まれ。私立開成高校卒。早稲田大学教育学部中退
月刊『フルコンタクトKARATE』、月刊『格闘Kマガジン』、月刊『BUDO-RA』などを創刊させ、“やる側”の編集長として、格闘技界では有名
現在は、『BUDO-RA BOOKS』の編集長を務めるほか、数多くの格闘技イベントの企画、プロモーションに携わっている
武術は小学校の剣道から始まり、中学時代から中国武術を学び、大学では日本拳法部に所属。1975年、早大に日本初の中国武術のクラブ「東洋古武道研究会」(後に中国武術研究会に改名)を創設し、初代主将を務める
1982年から松田隆智氏より各種中国武術を学び、1986年に拝師弟子となる
その後、新空手やムエタイに挑むなど、理論と実践を平行して追求
松田隆智氏に学んだ技術と理論を検証する実験の場として拳功房を主宰し、伝統武術の再生の研究を続ける
2017年には、武術探求の場であり、情報発信基地となるBUDO-STATIONを設立する
著書に『武術の構造 増補改訂版』『八極拳ノート』『ムエタイ9冠王が教える 日本人が知らない体幹の使い方』『合気道と中国武術はなぜ強いのか 増補改訂版』『八極拳と秘伝』(以上、東邦出版)、自ら演武・解説を務めたDVD『中国武術の構造』(フル・コム)がある

スポンサーリンク